梅空釉の深鉢

2017.09.29 Friday

0
    秋になると器の形も深いものを作り始めます。夏の間は平鉢が多く、これは口が広がっていることで見た目にも食材が涼しげに映るからです。寒くなるにつれて蓋ものであったり、深いものをつくるのはで少しでも空気に触れる部分を少なくし温かいものはなるべく温かいままでという配慮があるからです。日本の四季の移ろいは器でも感じることが出来ます。

    梅空シリーズ 

    2017.09.18 Monday

    0
      そろそろ暖かい物が欲しい季節になってきました。私の遅すぎランチは煮麺でした。豆皿には越生の梅の甘露煮。

      居酒屋さんの器

      2017.08.22 Tuesday

      0
        8月に入ってから雨降りばかりが続いたので制作が送れていましたが今月末に開店する居酒屋さんの作品がようやく完成しました。梅空や、木灰が中心です。三角形の皿には麻袋をほどいた糸で紋様を施しました。お店に来るお客様が喜んでくださることを期待しています。