陶板

2017.04.25 Tuesday

0
    私がいるここ、芹ヶ沢は芹(せり)が沢づたいに自生するくらい水のきれいな所からこの名前がついたとか。私はこの響きがとても気に入って、窯も陶房ギャラリーの名前も「芹ヶ沢」をもらいました。この陶板は象嵌という技法で彫った字体に色粘土を埋めていて何処かに「芹」の字が隠れています。額の台紙は私の帯の一部です。